コンセプト

CONCEPT

ノーキャンドットコムとは?

業界初!
弁護士が運営する飲食店のドタキャン(ノーショー、無断キャンセル)を
予防&債権の回収を代行する初期費用無料のサービスです。

もう泣き寝入りする必要はありません。

「弁護士が債権回収を行います」
「簡単、安心な回収代行サービス」
ノーキャンドットコムにお任せください。

弁護士が債権回収を行います。

お知らせ

NEWS

メディア掲載

MEDIA

サービス概要

SERVICE

  • STEP 1

    キャンセルポリシーの作成サポート(無料)

    無料会員登録
    キャンセルポリシーの
    作成サポート(無料)

    無料会員登録していただいた後、
    お店が定めたキャンセル時に発生する
    キャンセル料等や注意事項を作成し、
    事前にHP・グルメサイト等への
    「キャンセルポリシー」の掲載と
    告知をお願いしています。

  • 無料会員登録していただいた後、お店が定めたキャンセル時に発生するキャンセル料等や注意事項を作成し、事前にHP・グルメサイト等への「キャンセルポリシー」の掲載と告知をお願いしています。

  • STEP 2

    ノーショー、無断キャンセルが発生してしまったら

    ノーショー、無断キャンセルが
    発生してしまったら

    実際にドタキャンが起きてしまったら、
    お気軽にお申込み下さい。
    店舗様が掲載・告知した、
    キャンセルポリシーの内容に沿って、
    督促・回収代行致します。

  • 実際にドタキャンが起きてしまったら、お気軽にお申込み下さい。
    店舗様が掲載・告知した、キャンセルポリシーの内容に沿って、督促・回収代行致します。

ノーキャンドットコム
ご相談下さい!

スタッフ画像

申込み金・
着手金不要

申込みは
WEBで受付

弁護士が運営する
安心のサービス

入金が確認でき次第
指定口座にお支払

手数料は回収金額の
30%(及び消費税)

日本全国
対応可能

サービス概要の画像

サービスの流れ

FLOW

サービスの流れの詳細

※会員登録していただくと
次回より③からの流れになります。

よくある質問

QUESTION

Q. 会員登録したらすぐにキャンセル依頼できますか?

A. 飲食店様以外の問い合わせを防ぐ為にこちらでお店様の情報を確認させて頂きまして、問題なければ「登録完了メール」を店舗様に送信致します。それからのキャンセル依頼になります。

Q. 「LINE相談」及び「お問い合わせ」ですが、24時間対応ですか?

A. 平日10:00~18:00までになります。また返信は2営業日以内とさせて頂いております。

Q. 1名からでも請求できますか?

A. もちろん大丈夫でございます。

Q. 少額からでも請求できますか?

A. もちろん大丈夫でございます。

Q. 過去の分も請求できますか?

A. キャンセル日から遡って一年前までは請求可能です。

Q. キャンセル者の名前と電話番号しかわからないですが請求できますか?

A. お名前と携帯番号がわかれば大丈夫です。

Q. 請求依頼をするだけでも費用はかかりますか?

A. 当サービスは成果報酬になりますので、実際にキャンセル費の回収が完了してからの費用発生になります。

Q. 美容院や他の業種でも対応は可能ですか?

A. 現在は飲食店のみの対応となっておりますが、今後は他業種にも対応していく予定です。

運営責任者の紹介

INTRODUCTION OF
MANAGER

弁護士: 北 周士(きた かねひと)の画像

弁護士
北 周士(きた かねひと)

ご挨拶

初めまして。東京弁護士会所属の弁護士の北 周士(きた かねひと)と申します。
ノーキャンセルドットコムというサービスは「なぜ飲食店だけこんなに気軽にドタキャンが発生するのだろうか?」という疑問から誕生しました。
私自身飲食が大好きであり、日々色々なお店に食事に行っています。日本には素晴らしい飲食店が多く、とても美味しい食事を極めてリーズナブルな価格で体験することができます。
これほどの味と価格のバランスが高度に成立しているのは世界でも稀有ではないかと考えています。実際に世界各国から日本の食事を味わいに訪れる方々が絶えません。
そして、飲食店を経営されている方や飲食店でシェフを努められている方は、皆様誠実かつ意欲的に活動をされており、日々良いものをお客さんに提供しようと努力をされています。
食事にいく都度、飲食店経営者の方やシェフの方の努力には頭が下がる思いです。
しかしながら、他のサービス業に比べ飲食店においてはもの凄く気軽にドタキャンがされているように感じます。
経済産業省において行われた勉強会の報告によるとドタキャン(ノーショウ)による飲食店の損失は年間2,000億円とも言われています。
ホテル等他のサービス業においてこれほど気軽にドタキャンが発生している業界はないのではないでしょうか。
この損失を放置してしまうと、飲食業界の健全な発展が妨げられるだけでなく、飲食業界で働く人達の適正な給与等にも非常な悪影響が発生してしまいます。
将来においても日本の飲食業界が素晴らしい状態であるためにも、このような損失を放置してはいけないと考えました。
本サービスはドタキャンにより発生した損失を弁護士が回収するサービスになります。
このサービスにより、飲食店に発生してしまった損失がある程度でも補填されると共に、飲食店に対しドタキャンをすることが非常識であるという認識が広まることを願っています。

経歴
2006年3月 中央大学法学部法律学科 卒業
2006年4月 最高裁判所司法研修所 入所
2007年9月 同終了(旧60期)
2007年9月 青山総合法律事務所 入所
2009年4月 安藤武久法律事務所 入所
2011年4月 きた法律事務所 設立
2015年9月 事務所名を北・長谷見法律事務所に変更
2018年9月 法律事務所アルシエン 参画

会員登録

MEMBER
REGISTRATION

※キャンセル依頼には
事前に会員登録をお願いします。会員登録後、マイページを発行いたしますので、そちらからキャンセル依頼ができます。

※会社名以外は必須項目です。

住所
氏名
会社名
(主体が
会社の場合)
お店の名前
電話番号
メール
アドレス
飲食店の
営業許可書
ファイルを選択

※ jpg gif pngの画像を登録してください。

個人の身分証明書
(運転免許書等)
ファイルを選択

※ jpg gif pngの画像を登録してください。

会員パスワードの設定

※登録は無料です。

※会員登録されますと返金口座の登録、キャンセルポリシーが使えるようになり、次回から住所などの情報が自動的に入力されます。

パスワード 

※8文字以上の英数字でご指定ください。

個人情報の取扱いについて

弁護士北周士(東京弁護士会所属、以下「当職」といいます。)は、個人情報保護の重要性について認識し、個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」といいます。)を遵守すると共に、以下のプライバシーポリシー(以下「本プライバシーポリシー」といいます。)に従い、適切な取扱い及び保護に努めます。
なお、本プライバシーポリシーにおいて別段の定めがない限り、本プライバシーポリシーにおける用語の定義は、個人情報保護法の定めに従います。


1. 個人情報の定義
本プライバシーポリシーにおいて、個人情報とは、個人情報保護法第2条第1項により定義される個人情報を意味するものとします。


2. 個人情報の利用目的
当職は、個人情報を以下の目的で利用いたします。
(1) 本サービスに関する登録の受付、本人確認、利用料金の計算等本サービスの提供、維持、保護及び改善のため
(2) 本サービスに関するご連絡、お問い合わせ等への対応のため
(3) 本サービスに関する当職の規約、ポリシー等(以下、「規約等」といいます。)に違反する行為に対する対応のため
(4) 本サービスに関する規約等の変更を通知するため
(5) 本サービスに関連して、個人を識別できない形式に加工した統計データを作成するため
(6) 当職又は第三者の広告の配信又は表示のため
(7) その他マーケティングに利用するため
(8) 上記の利用目的に付随する利用目的のため


3. 個人情報利用目的の変更
当職は、個人情報の利用目的を、関連性を有すると合理的に認められる範囲内において変更することがあり、変更した場合には個人情報の主体である個人(以下「本人」といいます。)に通知し又は公表します。


4. 個人情報利用の制限
当職は、個人情報保護法その他の法令により許容される場合を除き、本人の同意を得ず、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取り扱いません。
但し、次の場合はこの限りではありません。
(1) 法令に基づく場合
(2) 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
(3) 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
(4) 国の機関もしくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき


5. 個人情報の適正な取得
5.1
当職は、適正に個人情報を取得し、偽りその他不正の手段により取得しません。
5.2
当職は、次の場合を除き、あらかじめ本人の同意を得ないで、要配慮個人情報(個人情報保護法第2条第3項に定義されるものを意味します。)を取得しません。
(1) 第4項各号のいずれかに該当する場合
(2) 当該要配慮個人情報が、本人、国の機関、地方公共団体、個人情報保護法第76条第1項各号に掲げる者その他個人情報保護委員会規則で定める者により公開されている場合
(3) 本人を目視し、又は撮影することにより、その外形上明らかな要配慮個人情報を取得する場合
(4) 第7.1項但書によって第三者提供にあたらないものとされる態様にて要配慮個人情報の提供を受けるとき
5.3
当職は、第三者から個人情報の提供を受けるに際しては、個人情報保護委員会規則で定めるところにより、次に掲げる事項の確認を行います。ただし、当該個人情報の提供が第4項各号のいずれかに該当する場合又は第7.1項但書によって第三者提供にあたらないものとされる態様でなされる場合を除きます。
(1) 当該第三者の氏名又は名称及び住所、並びに法人の場合はその代表者(法人でない団体で代表者又は管理人の定めのあるものの場合は、その代表者又は管理人)の氏名
(2) 当該第三者による当該個人情報の取得の経緯


6. 個人情報の安全管理
当職は、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏洩などのリスクに対して、個人情報の安全管理が図られるよう、当職の従業員に対し、必要かつ適切な監督を行います。
また、当職は、個人情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合は、委託先において個人情報の安全管理が図られるよう、必要かつ適切な監督を行います。


7. 第三者提供
7.1
当職は、第4項各号のいずれかに該当する場合を除くほか、あらかじめ本人の同意を得ないで、個人情報を第三者に提供しません。
但し、次に掲げる場合は上記に定める第三者への提供には該当しません。
(1) 利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部又は一部を委託することに伴って個人情報を提供する場合
7.2
前項の定めにかかわらず、当職は、第4項各号のいずれかに該当する場合を除くほか、外国(個人情報保護法第24条に基づき個人情報保護委員会規則で指定される国を除きます。)にある第三者(個人情報保護法第24条に基づき個人情報保護委員会規則で指定される基準に適合する体制を整備している者を除きます。)に個人情報を提供する場合には、あらかじめ外国にある第三者への提供を認める旨の本人の同意を得るものとします。
7.3
当職は、個人情報を第三者に提供したときは、個人情報保護法第25条に従い、記録の作成及び保存を行います。
7.4
当職は、第三者から個人情報の提供を受ける場合には、個人情報保護法第26条に従い、必要な確認を行い、当該確認にかかる記録の作成及び保存を行うものとします。


8. 個人情報の開示
当職は、本人から、個人情報保護法の定めに基づき個人情報の開示を求められたときは、本人からのご請求であることを確認の上で、本人に対し、遅滞なく開示を行います(当該個人情報が存在しないときにはその旨を通知いたします。)。
但し、個人情報保護法その他の法令により、当職が開示の義務を負わない場合は、この限りではありません。


9. 個人情報の訂正等
当職は、本人から、個人情報が真実でないという理由によって、個人情報保護法の定めに基づきその内容の訂正、追加又は削除(以下「訂正等」といいます。)を求められた場合には、本人からのご請求であることを確認の上で、利用目的の達成に必要な範囲内において、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の内容の訂正等を行い、その旨を本人に通知します(訂正等を行わない旨の決定をしたときは、本人に対しその旨を通知いたします。)。
但し、個人情報保護法その他の法令により、当職が訂正等の義務を負わない場合は、この限りではありません。


10. 個人情報の利用停止等
当職は、本人から、本人の個人情報が、あらかじめ公表された利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由又は偽りその他不正の手段により取得されたものであるという理由により、個人情報保護法の定めに基づきその利用の停止又は消去(以下「利用停止等」といいます。)を求められた場合、又は個人情報がご本人の同意なく第三者に提供されているという理由により、個人情報保護法の定めに基づきその提供の停止(以下「提供停止」といいます。)を求められた場合において、その請求に理由があることが判明した場合には、本人からの請求であることを確認の上で、遅滞なく個人情報の利用停止等又は提供停止を行い、その旨を本人に通知します。
但し、個人情報保護法その他の法令により、当職が利用停止等又は提供停止の義務を負わない場合は、この限りではありません。


11. Cookie(クッキー)その他の技術の利用
当職サービスは、Cookie及びこれに類する技術を利用することがあります。
これらの技術は、当職による当職サービスの利用状況等の把握に役立ち、サービス向上に資するものです。
Cookieを無効化されたいユーザーは、ウェブブラウザの設定を変更することによりCookieを無効化することができます。
但し、Cookieを無効化すると、当職サービスの一部の機能をご利用いただけなくなる場合があります。


12. お問い合わせ開示等のお申出、ご意見、ご質問、苦情のお申出その他個人情報の取扱いに関するお問い合わせは、以下の連絡先からお願い致します。
住所: 〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-6-15-2F
個人情報取扱責任者: 弁護士 北 周士
連絡先: info@noshow.life


13. 継続的改善
当職は、個人情報の取扱いに関する運用状況を適宜見直し、継続的な改善に努めるものとし、必要に応じて、本プライバシーポリシーを変更することがあります。


【2019年7月1日制定】


お問い合わせ

CONTACT

受付時間:平日10:00~18:00※2営業日以内にご返信いたします。

※すべて必須項目です。

名前
電話
メールアドレス
お問い合わせ内容
page
top